忍者ブログ
毎日の生活の中に『お宝』を探し続ける管理人~ひらしん~のブログです。
プロフィール
HN:
ひらしん(ルシール)
性別:
男性
職業:
父親 及び 狩人見習い
趣味:
愛娘の観察、ゲーム、バンド等
自己紹介:
まったりの~んびりフロンティア生活しております♪

愉快な、それでいて頼もしい仲間たちと日夜繰り広げられる狩人生活、やっぱりいいもんですね♪

猟団ではなく、劇団《遊流理》劇団長やってますw
最新コメント
[01/04 lukia]
[01/09 シィ]
[01/03 デパ]
[01/02 ルーナジス]
[01/01 じぇに太]
[12/28 えと]
[12/24 3号]
[12/24 ドム・トローペン]
[12/23 やみ]
[12/23 チリ]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
マイペースで更新中♪
カウンター
バーコード
携帯で パシャリ♪とね^^
こんな機能もあるんですなぁw
アクセス解析
お天気情報
さぁお天気はいかに♪
あまり関係ないね、これw
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

皆様、こんばんわです。


今回は劇団員の皆様にお願いを書かせていただきます。
乱文ですが、何卒ご容赦を・・・。


今更記すことは必要の無いことかもしれませんが、
これにより更なる意志の疎通、よりよい環境が創れればと思った次第です。
(こうして文章として残しておく事も必要だと思ったので。)


皆が楽しく集まれる環境があればこそ!だと思うのでご協力をお願い致します。
これにより個人の活動を妨げたり、縛ったりするというつもりはありません。




1.インしたらまず挨拶で始めてください。

 これはインしてる人数の確認も兼ねます。
 人数によって街捜索を検討、開始する、などの判断がしやすくなります。


  
2.離席時、求人で活動、採取とか・・・等の連絡

 時には求人区で素材集めに専念したい・・・
 ソロでちょこっと採取とかしたいとか・・・
 飯とか風呂で長時間離席とか、用事を済ませて合流しますね、とか・・・。
 こまめに報告、離席マークなどを表示してくれると正直助かります。
 
 寝落ちとかは・・・ドンマィっす。

 

3.劇団部屋の確保・維持行動・・・1、2を踏まえ状況判断

 遅い時間帯の自由区独立部屋確保がなかなか困難な現状や、
 早くからインしていて自由区に部屋を確保していても、
 その維持が困難な場合も多々あるとおもいます。
 
 人数が少数の時は4人部屋で集まる事も多々あると思いますが、
 前記1、2で活動できる人数や当日の予定などの意志は把握できますし、 
 他の誰かに任せる、とかではなく積極的に意見を提案、交換をして
 街捜索に参加しましょう。 
 
 
 どうしても見つからなければ4人部屋をいくつか立てるなど
 対応は柔軟にできると思います。
 

4.その他(状況によって臨機応変に対応

 挨拶したけど返答が無い、意見を述べたけど返答がすぐ来ない・・・
 できるだけ早く言葉を返したけどすぐに返せる余裕が無い・・・
 システム上の仕様とか、求人活動中で2乙で必死でもぅ後が無いとか・・・
 返事を返せる様になった時に『あん時はこうだったから』等を付け加えて
 挨拶や返事ができればいいと思います。
 慌てて返事したがために3乙目 → 移動しますね^^; じゃモウシワケナイ・・・)

 他にも様々なケースが想定されますが、臨機応変な対応をお願いします。


5.人との繋がり

 最後になってしまいましたが、これが一番伝えたいことです。
 言葉にも行動にも、仲間を思いやる気持ちを忘れずに持ってください。
 
 誰かに対して言いたい事、伝えたい事を我慢する必要はありません。
 いつでもそれらを我慢して押し黙る必要は無いと思いますし、
 時には気付かせてあげるのがその人の為にもなる事があると思います。

 が、大事なのはその伝え方にあると思います。

 感情の表現はとても大事な事だとは思いますが、
 罵りあったり、傷つけあうだけのような内容の発言はご法度とします。

 個人の除名などの措置は一切考慮しませんが、
 劇団の解散は有り得ると思ってください。

 一瞬で今まで皆で積み重ねた物が失われてしまいますが、
 仲間同士の集まりとして成立できないのであれば
 存続をする意味がないと思うので・・・。

 劇団は全員横一線です、新参も古参も関係ありません。
 少々大げさな言い方になりますが、
 同じ旗の元にいるのだから、仲間・・・いや家族同然と自分は思ってます。
 お互いに心からそう思える人たちしか集まっていないと思っておりますし、
 
 こいつらとなら・・・

 って思える人しか自分は入団の許可も勧誘もした憶えはありません。

 
 たかがゲーム、そう言われてしまえばそうなのでしょうが
 自分はそうは思えないもので^^;
 
 ギリギリの中での仲間達とのあの達成感、
 現実となんら変わりなく深く語り合える時間
 腹の底から笑いが込み上げるあの瞬間
 
 何度でも皆で味わいたいです。


 
 劇団の歴史はまだまだこれからも続きます。
 その一つ一つを皆で刻んでいきたいと切に願います。
 
 いつか狩人としてのその幕を降ろす日が来たとしても
 いつまでもその記憶にいい意味で残り続けるような
 そんな集まりにしたいと自分は思います。

 
 
 まとまりも無く長くなってしまいましたが、今後とも宜しくお願い致します。
 

PR
忍者ブログ [PR]